アクセス時間:2018年08月19日(日曜日)18時19分

HOME → 高知県透析医会トップページ
高知県透析医会ホームページ
お知らせ 連絡事項
2018/07/31 13:44:13
谷村 正信
第52回 四国透析療法研究会 ~ 演題募集・開催のご案内 ~

謹啓
盛夏の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、本年は高知県南国市におきまして下記の日程にて第52回四国透析療法研究会を開催させていただくこととなりました。多数の皆様にご参加、ご応募くださいますようお願い申し上げます。つきましては、応募演題の抄録を9月14日(金)までに第52回 四国透析療法研究会開催事務局までE- mailにてお送りください。
尚、ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。多数のご参加をお待ちしております。
謹白


名  称 : 第52回 四国透析療法研究会
日  時 : 平成30年10月28日(日)9:00~17:00(予定)
会  場 : サザンシティホテル アンジェブラン
      〒783-0007 高知県南国市明見933 
TEL (088)863-2000(代表)/ FAX (088)864-3626
      http://www.glc.co.jp/southerncity/index.html
参 加 費 : 医師 2000円・コメディカル 1000円

招聘講演: 
○ランチョンセミナー1       共催: 中外製薬株式会社
「慢性腎臓病看護における意思決定支援(仮)」
名古屋大学医学部付属病院 看護部 慢性疾患看護専門看護師 高井 奈美 先生
○ランチョンセミナー2     共催: 協和発酵キリン株式会社
「CKD-MBD治療に関して(仮)」
医療法人慶寿会 代表理事 栗原 怜 先生
○ランチョンセミナー3       共催: 鳥居薬品株式会社
「On-line HDF、I-HDFの今後の展望―透析液水管理を含む」
東京女子医科大学医学部 臨床工学科 教授 峰島 三千男 先生
○特 別 講 演           主催: 四国透析療法研究会
「骨粗鬆症に関して(仮)」
福島県立医科大学医学部 腎臓高血圧内科学講座 教授 風間 順一郎 先生

【 演題募集要項 】
○演題申し込み形式
・ 申し込み媒体 E-mailによる応募
・ 締め切り   平成30年9月14日(金曜日)
・ 申し込み先  第52回 四国透析療法研究会 
事務局 JA高知病院内
代表世話人 谷村 正信
E-mail:m-tanimura@kouseiren.ja-kochi.or.jp
・ 必要事項   演題名、施設名、所属名、発表演者名(発表演者には○印つけ、職種を記載、※氏名の読み仮名も必要)、共同演者名を記載してください。Microsoft-Office WORD、文字体はMS明朝、フォント11.0にてお願いします。
・ 文 字 数    *演題(80字以内)、演者、本文(600文字以内)でお願いします。
(※下記参考 )  

 血液透析患者における○○○○の検討
  JA高知病院 透析室
  ○高知(こうち)太郎(たろう)(臨床工学技士)、高知花子、・・・・・
 【目的】当院では、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  を検討したので報告する。・・・・
  
・ 受付の確認  事務局で確認でき次第、受領連絡をE-mailにて返信いたします。
※ 応募演題多数の場合、発表演題の採択は世話人会にて行わせていただきます。ご了承ください。
○発表形式    
・ 発表形式は5分、討論時間は2分の予定です。
・ 発表スライドは10枚まででお願いします。
・ 発表はすべてコンピュータープレゼンテーション
(Windows10, PowerPoint2016)で行ないます。
・ 発表用のPowerPointファイルは10月18日(木曜日)までにE-mailにて送付ください。
事務局のコンピューターで動作確認を行ないます。
○四国透析療法研究会学術奨励賞について
  例年通り四国透析療法研究会学術奨励賞を設け、医師、看護師、臨床工学技士、管理栄養士などの部門より優秀演題を表彰いたします。奮ってご応募ください。応募演題は、それぞれを審査員が採点し選出予定です。

以 上

【 第52回 四国透析療法研究会 事務局 】
 〒783-8509 南国市明見字中野526‐1
TEL. 088-863-2181 FAX. 088-863-2186 
E-mail: m-tanimura@kouseiren.ja-kochi.or.jp
JA高知病院 泌尿器科 谷村正信
Copyright©日本透析医会All Rights Reserved.