アクセス時間:2017年06月27日(火曜日)12時32分

HOME → 茨城透析医災害対策連絡協議会トップページ
茨城透析医災害対策連絡協議会ホームページ
お知らせ 連絡事項
2016/12/29 15:39:50
中山 裕一
12月28日発生の県北地震で震度6弱の高萩市、震度5強の日立市、震度5弱の常陸太田市の透析施設では、被災なく透析可能であることが本日確認されました。

今後余震の発生も懸念されることから、茨城県内の透析施設におかれましては、引き続きHPへ被災状況の登録と、状況変化に伴う更新をよろしくお願いいたします。

茨城透析医災害対策連絡協議会事務局 斎藤知栄
2016/12/28 22:34:04
中山 裕一
2016年12月28日21時38分に発生した茨城県北部での震度6弱の地震に関して
同日22時の時点で、日立総合病院と太田ネフロクリニックでは、建物や透析機器、ライフラインに大きな異常はない事が確認されました。他の施設については現在調査中です。

茨城透析医災害対策連絡協議会事務局 斎藤知栄
2016/04/21 18:02:18
中山 裕一
今回の熊本地震に際し、支援透析として入院透析患者の受け入れ施設確保にご協力頂き誠にありがとうございます。当ネットワークへの書き込み、電話連絡を合わせますと31施設 93床のベッドが確保されております。現在、九州方面からの支援透析の連絡はございません。発災から一週間が経過していおりますので、熊本地震に関するネットワークへの書き込みは一旦終了とさせて頂きます。関係各位の皆様には厚くお礼申し上げます。
2016/04/16 14:55:24
中山 裕一
今回の熊本地震で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
茨城透析医災害対策連絡協議会では、支援透析として入院透析患者の受け入れ施設を確保いたしました。数施設より協力得て約70名のベッドを確保しております。遠方ではありますが、支援透析受け入れ施設確保にお困りの際にはご連絡ください。

茨城透析医災害対策連絡協議会
 会長 山縣 邦弘
2015/11/05 15:23:26
中山 裕一
関東・東北豪雨により9/10鬼怒川氾濫で施設が冠水し被災した水海道さくら病院透析施設が本日より完全復旧いたしました。
週末から来週にかけて社会的入院者を除き入院・外来透析患者が帰院されるそうです。
これで今回の災害で被災された施設は全て復旧されたことになります。
完全復旧までほぼ2ヶ月の時間を要し透析治療再開に向け尽力されたスタッフの皆様お疲れさまでした。
また、受け入れ先となって頂いた各施設の皆様、復旧に向けご支援ご協力頂いた方々に心よりお礼申し上げます。
今後は、今回の経験・反省を踏まえより一層の災害対策を構築して行きたいと考えます。
2015/10/26 19:27:22
中山 裕一
被災しました常総腎内科クリニックが本日より透析治療のみ完全復旧いたしました。全患者21名中、本日6名の透析治療を行いました。明日は11名の帰院による透析治療を予定しております。1名は転院となり、3名は環境が整い次第帰院の予定です。

水海道さくら病院も11/2の透析施設完全復旧を目指して作業を行っております。
2015/10/17 16:06:08
中山 裕一
被災しました施設の復旧状況を報告します。
1.水海道さくら病院
仮設で個人装置5台3クールで治療していましたが、10/16(金)より個人装置5台増床し本日で25名の透析患者を帰院させております。透析施設の完全復旧は11/2(月)を目指して努力しております。

2.常総腎内科クリニック
被災前はRO装置のみが1階にあったため透析装置は被害を免れております。今回の経験でRO装置を二階に設置することとなりました。搬入にあたりエレベーターの復旧を10/18日(日)で急いでおります。早ければ10/26(月)の週で完全復旧を目指しております。

現在、水海道さくら病院、常総腎内科クリニックの外来・入院患者さまの受け入れを継続されている医療施設は以下の通りです。

つくばセントラル病院  7名
JAとりで総合医療センター 2名
土浦協同病院   1名
ときわクリニック 1名
西南医療センター 4名
守谷慶友病院   5名
菊池内科クリニック1名
慶友東クリニック 4名
筑波学園病院   6名
緑野クリニック  6名
筑波大学附属病院 4名
牛久愛和総合病院 4名
石塚医院     1名
古河赤十字病院  2名
茨城医療センター 5名
守谷駅前クリニック2名
東葛クリニック  1名
神立病院     1名
つくば腎クリニック1名
美浦中央病院   3名

以上、20施設 42名の受け入れをされております。
2015/10/05 19:32:08
中山 裕一
現在、水海道さくら病院、常総腎内科クリニックの入院患者さまの受け入れを継続されている医療施設は以下の通りです。

つくばセントラル病院  11名
JAとりで総合医療センター 7名
土浦協同病院   5名
守谷慶友病院   1名
筑波学園病院   3名
筑波大学附属病院 6名
古河赤十字病院  4名
茨城医療センター 5名
神立病院     1名

以上、9施設 44名の受け入れをされております。
2015/10/05 19:24:31
中山 裕一
今回被災した3施設の現状を報告いたします。
1.水海道さくら病院
先週から今週にかけて、個人装置5台で、月水金、火木土各3クールで、計29名の入院・外来透析患者の帰院を行っています。
来週 水曜日もしくは木曜日より現在2階で外来診療している場所が1階に移転するそうです。
これにより空いたスペースに個人装置を5台追加設置する予定で、患者様をできるだけ早急に帰院できるように努力しています。
透析施設の完全復旧は今月末を目指しているとのことです。

2.一色クリニック
患者様は5名の社会的入院患者以外はすべて戻られました。

3.常総腎内科クリニック
復旧は見通しが立っていない状況とのことです。
2015/09/28 18:21:24
中山 裕一
被災された3施設のうち最も被害規模が大きかった水海道さくら病院の外来透析治療が本日より一部再開されました。
水没から免れた2階ICUで個人用透析装置5台を仮設使用し、1日2~3クールで外来透析治療をはじめております。
入院透析患者も状況に応じて来週より帰院させる予定とのことです。
本稼動には装置の搬入はもちろん、設備等の環境整備が必要で一ヶ月以上は要するそうです。

9/17より透析治療を再開した一色クリニックは水圧・水量とも問題なく安定した透析治療を継続しています。
外来透析患者さまも社会的入院をされている7名以外は自施設に戻られているそうです。
送迎バスも再開し、交通渋滞も緩和さており通院も容易になると思われます。

9/26でホームページが終了しましたが状況変化に対しては書き込みを継続させて頂きます。
2015/09/21 20:22:52
中山 裕一
現在、一色クリニックでは水道の水圧が一定でないため給水車と併用しながら透析治療が行われています。常総市水海道地区の浄水場では仮設のポンプにより配水していますが、9月末を目途に完全復旧を予定しているとのことです。
一色クリニックの殆どの外来透析患者が自施設に戻ってきております。
他施設では、被災施設の外来・入院透析患者が患者の事情や受け入れ施設の状況に応じて、当初の受け入れ施設から別の透析施設へ少しずつ移動しています。
引き続き患者受け入れ状況を調査する予定です。
2015/09/16 18:16:24
中山 裕一
被災していた一色クリニックが明日より外来透析治療を再開予定となりました。
しかし、水圧が安定していないため当日の最終判断になると思われます。

外来透析患者受け入れ先として、つくば学園クリニックの追記をさせて頂きます。
2015/09/15 20:10:33
中山 裕一
施設情報を報告いたします。
水海道さくら病院は水が引き明日から施設回復に向けた作業がはじまりそうです。しかし、被害はひどく何ケ月単位の時間が必要と思われます。
一色クリニック周辺では本日通電がはじまりましたが、浄水場の復旧は見通しが立たない状況です。
機械室への浸水は軽度で、透析室は被害がなかったようです。
今後、給水車を利用し受水槽に直接入れる方法を検討中とのことです。
連絡の取れなかった常総腎内科クリニックは本日状況がつかめました。
機械室が一階のためRO装置が被害を受けていますが、二階にある透析装置には影響がなかったそうです。
治療再開は10月上旬を目標にしているそうです。
患者安否も確認できているそうで一安心です。
以上被災した三施設の状況を報告します。
2015/09/14 19:58:27
中山 裕一
被災された水海道さくら病院をはじめ一色クリニック、常総腎内科クリニックの外来透析患者は各施設に受け入れを頂き維持透析治療を開始しております。

外来透析患者受け入れ施設
JAとりで総合医療センタ-  
つくばセントラル病院 
土浦協同病院     
東京医科大学茨城医療センター 
古河赤十字病院    
筑波大学附属病院
緑野クリニック
 石塚医院
牛久愛和病院
筑波学園病院
 守谷慶友病院
 守谷駅前クリニック
 渡辺クリニック
 西南医療センター
 古河赤十字病院
ひがしクリニック慶友
 東葛クリニック
合計17施設で外来透析を受け入れて下さいました。
2015/09/13 23:31:44
中山 裕一
本日、水海道さくら病院12名の透析治療が終了致しました。対応に当たって下さったスタッフをはじめ、受け入れをして頂いた菊池内科クリニックの皆様に感謝申し上げます。
明日からの透析維持患者については再調査を行う予定です。
2015/09/12 19:17:36
中山 裕一
水海道さくら病院の一般入院患者の院外への搬出が午前8:00頃完了しました。
被災された水海道さくら病院をはじめ一色クリニック、常総腎内科クリニックの外来透析患者も各施設に分散され、明日透析予定されている12名を除く142名が透析治療を終了しております。

外来透析患者受け入れ施設
JAとりで総合医療センタ-  
つくばセントラル病院 
土浦協同病院     
東京医科大学霞ヶ浦医療センター 
古河赤十字病院    
筑波大学附属病院
緑野クリニック
石塚医院
牛久愛和病院
筑波学園病院
外来透析を受け入れて下さった先生・スタッフの皆さま大変お疲れさまでした。

現在、施設復旧までの維持透析施設の準備を順次行っておりほぼ調整が済んでおります。
2015/09/12 04:12:25
中山 裕一
水海道さくら病院の入院透析患者の院外への搬出が9/12AM2:30時点で全て完了したとDMATに確認。
入院患者の搬送先:
JAとりで総合医療センタ-  8名
つくばセントラル病院 11名
土浦協同病院     5名
東京医科大学霞ヶ浦医療センター 5名
古河赤十字病院    5名
筑波大学附属病院   5名

搬送に対応された水海道さくら病院の先生・スタッフ皆様、DMATの皆様、入院受け入れにご対応いただいた先生方、大変お疲れ様でした。.
2015/09/11 11:58:16
中山 裕一
水海道さくら病院が床上浸水のため入院透析患者39名はDMATによる搬送が今朝より行われています。
外来透析患者98名は9/12,13で菊池内科クリニックで受け入れ可能となっております。施設は冠水しているためこれ以降の透析受け入れ先を検討しています。
同じく一色クリニック、常総腎・内科クリニックも施設使用が不可のため今後の受け入れ先を検討予定。
2015/09/11 01:45:19
中山 裕一
9/10夜、水海道さくら病院が床上浸水、入院患者および病院スタッフは3階以上へ移動し避難。
周辺は水没しており車が近寄れない状態。
自家発電と備蓄の水はあり、9/11朝まで院内待機したのち、移動手段を考慮する予定。
茨城県保健福祉部へは被災状況連絡済。

入院透析患者39名(男性17名、女性22名)は、9/11患者が院外へ搬出でき次第、近隣の5つの透析施設で入院を受け入れる予定。
外来透析患者(金曜、土曜予定併せて)56名については、当初9/12,9/13に透析日を変更して施行予定であったが、同院の透析室が浸水し使用不可となったため、9/11以降の受け入れ先を検討する予定。
2015/09/10 16:30:23
中山 裕一
現時点での避難地域の医療機関の調査結果です。
一色クリニック:9/11の透析予定患者72名を9/11筑波学園病院で受け入れ可能。
常総腎内科クリニック:9/10午後透析予定の患者1名および9/11透析予定の患者8名を9/11筑波学園病院で受け入れ可能。
かわしま内科クリニック、水海道さくら病院:9/11の透析を9/12に変更し、日程をずらして同施設内で対応する予定。
以上の施設については、9/12以降も避難期間延長の場合は再度検討する予定です。
2015/09/10 13:55:10
中山 裕一
昼に発令された避難警報で鬼怒川近辺の3つの透析医療機関が避難地域対象となりました。
本日午後予定の透析患者計1名は明日の透析に変更することとなりました。
明日の透析予定については、避難警報が解除されない場合、近隣の透析施設で受け入れ可能か現在調整中です。
2015/09/10 12:36:26
中山 裕一
現在、県内透析施設の状況を確認中です。
現時点で、透析不能な施設の報告はありません。
鬼怒川氾濫のため付近の住民に避難命令が出ており、通院透析患者の中には、午前の透析は終了したが帰宅が困難な症例があるようです。避難施設への移動が可能か、難しい場合は近隣施設へ一時入院を含め受け入れ可能か、情報を収集しています。

県内の未入力の施設は、入力をお願いいたします。
Copyright©日本透析医会All Rights Reserved.