アクセス時間:2016年09月25日(日曜日)07時48分

HOME

当ネットワークでは震度5強以上の地震と、国または地方公共団体により災害救助法が適用されるような、広範囲にわたる構造物の損壊・焼失・浸水・流失、交通網の遮断などの被害が発生した場合に活動を開始します。近くの地域でそのようなことを知った場合には、以下の方法で施設情報の送信をお願いします。
[災害時情報送信]をクリックすると情報伝達フォームが表示されます。各入力項目の説明に従って情報を入力し、登録して下さい。同じ施設で情報を更新して登録した場合、集計は最新の情報を採用して計算されます。

最新情報
2016年09月05日(月曜日)
12時06分
各位

北海道災害情報について

日本臨床工学技士会@災害対策委員会 三井 友成様よりご報告いただきました。

北海道の帯広地区の清水赤十字病院(地域で唯一の透析施設)の追加の状況報告です。

物流は問題なし、国道は橋が崩落のため復旧には時間がかかるがルートはある。

水道は、送水管破損のため、断水復旧までに1ヶ月要するとのことです。
自衛隊給水にて透析は実施中

職員、患者共に全員無事
患者数48名、うち自宅流失の1名は入院透析実施中

以上
支部災害情報伝達ページ
ホームページリンク
Copyright©日本透析医会All Rights Reserved.